浦添市 白内障日帰り手術、緑内障専門外来、加齢黄斑変性症専門外来、糖尿病レーザー治療、近視予防点眼薬は浦添さかい眼科

診療科目
白内障日帰り手術
各種レーザー治療
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄班変性症 他
コンタクトレンズ
携帯版はこちら!
浦添さかい眼科 携帯電話はこちら
携帯電話で上記のQRコードを読み取りアクセス。
スマホはこちら!
浦添さかい眼科 スマートフォンはこちら
スマートフォンは上記のQRコードからアクセス。
■日本緑内障学会 役員、評議員
日本緑内障学会 評議員 酒井 寛
浦添さかい眼科
光干渉断層装置(OCT)、超音波生体顕微鏡(UBM)、マルチカラー眼底レーザー、YAGレーザー、選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)、Carl Zeiss製手術用顕微鏡、Alcon社製Infiniti超音波白内障手術装置、Bモード超音波診断装置、Aモード超音波装置、ハンフリー静的視野計、ゴールドマン動的視野計、角膜内皮細胞撮影装置などの機器を駆使して最新の外来、手術、検査につとめます。手術室には個室あり。
レーザー網膜光凝固術
糖尿病網膜症、緑内障、眼底出血等の治療に使用します。
レーザー光の波長が3種類選択できるため、目の状態に応じて適切な治療を行うことができます。
緑内障に対して、レーザー隅角形成術
プラトー虹彩の症例に有効です。 レーザー虹彩切開術は角膜内皮細胞密度の検査を行って、必要な症例に限って行っています。また、白内障がある場合には、白内障手術(水晶体再建術)が望ましいこともあります。緑内障専門医の診断の上、適応を決定いたします。

選択的線維柱帯形成術 SLT 緑内障レーザー治療
選択的線維柱帯形成術 SLT 緑内障レーザー治療
緑内障専用のモードで行うレーザーです。眼圧を下げる効果があります。
点眼麻酔で、痛みもなく、短時間で行えます、

点眼薬を減らすために、SLTを初期から行う有効性が眼科臨床において最も権威のある、 Ophthalmology誌に掲載されました。追加の緑内障手術も行えます。
白内障手術(極小切開法)
白内障手術(極小切開法)
2mm程度の切開創から白内障(加齢により濁った水晶体)を超音波で粉砕して吸引し人工のレンズを挿入します。手術時間も短く、安全に行います。
 麻酔は点眼薬のみで痛い注射はありません。日帰り手術で個室がありますので手術後はお休みください。
 白内障手術機会はアルコン社製インフィニティを使用し、アルコン社またはHOYAの着色レンズを使用し光障害、ブルーライトによる網膜障害を軽減しております。
 琉球大学 眼科において長年、難症例の手術を安全に行って参りました。緑内障との同時手術にも対応可能です。
緑内障手術 低侵襲緑内障手術
隅角癒着解離術
線維柱帯切開術
線維中退切除術
深層胸膜切除術
緑内障インプラント手術
最新の低侵襲緑内障手術 MIGS手術にも対応可能です。
白内障との同時手術も対応可能です。
緑内障病型、進行に応じて最適な手術を提案いたします。
翼状片手術(結膜弁、遊離弁移植法)
紫外線の影響などにより白目(結膜)から黒目(角膜)ににごった膜がのびてきます。
局所麻酔で手術により取り除きます。
当院では、角膜輪部の幹細胞を含む遊離弁移植法により再発率を下げる術式を行っております。

翼状片手術は再発しない丁寧な手術が大切です。 時間はかかっても弁移植を行う術式をお勧めいたします。
ルセンティス アイリーア 硝子体注射
ルセンティス アイリーア 硝子体注射
加齢黄斑変性症に対し行う眼球注射です。
当院では感染予防のため清潔な手術室にて注射を行います。
近視性の黄斑編成症、糖尿病による網膜症(黄斑浮腫)、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、などにも適応になります。
保険適応の治療ですが、治療費は高額です。光干渉断層計(OCT)検査を行い、必要のある症例にのみ背術されるものです。

詳細はお問い合わせください。
館内写真1
館内写真1
2F待合室
明るく、広い待合室になっています。
館内写真2
館内写真2
3F手術待合室
この他に2部屋個室もあります。
浦添さかい眼科
住所;沖縄県浦添市宮城6-1-21  電話番号;098-988-1376  FAX番号;098-988-1385
This site is powered by town-nets.jp.   [Control]