浦添市 白内障日帰り手術、緑内障専門外来、加齢黄斑変性症専門外来、糖尿病レーザー治療は浦添さかい眼科

診療科目
白内障日帰り手術
各種レーザー治療
緑内障
糖尿病網膜症
加齢黄班変性症 他
コンタクトレンズ
携帯版はこちら!
医療法人 ガレンの会浦添さかい眼科 携帯電話はこちら
携帯電話で上記のQRコードを読み取りアクセス。
スマホはこちら!
医療法人 ガレンの会浦添さかい眼科 スマートフォンはこちら
スマートフォンは上記のQRコードからアクセス。
浦添市 白内障日帰り手術、緑内障専門外来、加齢黄斑変性症専門外来、糖尿病レーザー治療は浦添さかい眼科
お知らせ
令和時代もよろしくお願い致します。
新しい「令和」時代の幕が開きました。

浦添さかい眼科も、あたらしい時代に対応しながら地道に地域医療、専門医療を提供して参ります。よろしくお願い申し上げます。

春に多い病気といえば、

春先はアレルギー性結膜炎の患者様が増えてきます。ホコリ(ハウスダスト)が原因となることがあります。目をこする、いつも充血している、目に傷がある、場合には抗アレルギー薬の点眼を処方致します。春期カタルという状態になっている場合には、ステロイド薬や免疫抑制剤の点眼も用いますが、厳密な管理が必要です。

沖縄タイムスの「命ぐすい、耳ぐすい」に緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性の最新の診断について執筆いたしました。掲載記事はタイムスプラスで読む事ができます。ギャラリーにも記事をアップ致しました。ご興味のある方は御一読頂ければ幸いです。
 
2019/05/07

先進の眼科医療を提供いたします。
白内障の小切開手術、緑内障のレーザーおよび観血的手術、加齢黄斑変性症に対する生物学製剤(ルセンティス、アイリーア)硝子体内注射。糖尿病網膜症に対するレーザー網膜光凝固などを行います。

白内障の極小切開手術、緑内障の超音波生体顕微鏡(UBM)検査、OCT検査、OCTアンギオグラフィー、加齢黄斑変性のOCT診断、生物学製剤による治療など専門性の高い治療を行っております。
先進の眼科医療を提供いたします。
カナダで行われたARVOに参加して参りました。
ゴールデンウイークの休診はご迷惑をおかけ致しました。5/7より平常通り診療しております。
連休中はカナダで開催されていましたARVO 2019 Annual Meeting(国際学会)に参加させて頂きました。
火曜午前受付時間変更のご案内
火曜日は午前の受付時間を11時半までと変更させて頂きます。
また、コンタクトレンズの受付終了時間は、コンタクトレンズ経験者、初心者ともに11時とさせて頂きます。午後は手術のため一般診療は休診となっております。
ご了承いただけますようお願いいたします。

診療について
診療科目 白内障日帰り手術、各種レーザー治療、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄班変性症 他、コンタクトレンズ
診療受付時間
午前08:30~12:00 ×
午後13:30~17:00 × × ×
 ・コンタクトレンズの午後の受付は16:00までとなります・火曜午後は手術日のため一般診療は休診です。
詳細情報
営業日
月火水木金土  手術日/火曜午後 休診日/土曜午後・日曜・祝祭日
営業時間
9:00~17:00 火曜日午後は手術日のため一般診療は休診です。       コンタクトレンズの最終受付時間が変更になります。          午前中:コンタクト使用が初めての方は11時まで、使用経験者は11時半です。午後:初めての方、使用経験者ともに16時までです。
駐車場
16台
名称
医療法人 ガレンの会浦添さかい眼科
住所
〒901-2126
沖縄県浦添市宮城6-1-21
電話
098-988-1376
FAX
098-988-1385
URL
http://sakaiganka.net
インフォメーション
木曜日午前の診療は、琉球大学 眼科 力石洋平 医師(眼科専門医)の診察となります。
メディ医療情報紹介!
沖縄タイムスに、院長の記事が掲載されました。
沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」(1185) 

多くの目の病気の診断に、光干渉断層計(OCT)という検査を行います。

緑内障では、網膜神経線維層と網膜神経節細胞層の減少をOCT検査で数字化することができます。緑内障にかかっているのか? どの程度進行しているのか? などが分かります。

OCTアンギオグラフィという検査では、網膜の血流も画像化することができます。つまり、目の血流も見ることができるのです。加齢黄斑変性症では、原因となる新生血管を見つけることができます。糖尿病網膜症でも、血管が詰まっている範囲を見つけることができるようになりました。

 現在でも、薬剤を点滴して行う造影検査も必要となることがありますが、OCTアンギオグラフィ検査でも多くのことが分かります。眼科画像診断の進歩により網膜の病気の診断と治療が変わってきています。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/410441
NHKのためしてガッテンで加齢黄斑変性症が紹介されました。 生物学製剤(ルセンティス、アイリーア)の硝子体注射により加齢黄斑変性症の治療は劇的に改善いたしました。また、診断にも最新のスェプとソースOCTを用いて、血流の診断も可能になりました。 当院では、OCT検査を随時行っております。院長は加齢黄斑変性の診断、治療が専門であり、正確な診断を行っています。また、必要な患者様にはルセンティス、アイリーアの硝子体注射も行っております。 眼のかすみ、ものが歪んで見える、視力低下、人間ドックで指摘された、など、ご相談下さい。

浦添さかい眼科
住所;沖縄県浦添市宮城6-1-21  電話番号;098-988-1376  FAX番号;098-988-1385
This site is powered by town-nets.jp.   [Control]